哲学堂公園

哲学堂公園

哲学堂公園は77ヶ所のポイントがある盛りだくさんな公園だ。
駅ハイ「歴史と新しさを感じ、豊かな自然の街をめぐる」で見て回るうちになにが哲学的な発想が得られるような気がしてきたので、哲学堂公園だけで1記事にまとめることにした。
管理事務所で77ヶ所の全解説付きガイドマップを買ってからまわった。マップによると実物のうち、7箇所は失われているそうだ。

哲学関と真理界


「哲学上宇宙の真理を味わい、かつ人生の妙趣を楽しむところ」に至らんと両石柱から園庭に進む。妙趣を楽しむ境地に至るには1回や2回の訪問では至らないだろうな、というのが正直なところだ。

哲理門


哲理門は物質世界、精神世界の根底に「理外の理」という不思議な道理があることを表している。物質世界の不思議として天狗、精神世界の不思議として幽霊で表している。哲理門は哲学堂の正門とされる。写真撮影団体が門を占拠しているので隣の門から入ることにする。和装の若い女性を男性陣が囲んでいた。
続きを読む 哲学堂公園

駅ハイ 歴史と新しさを感じ、豊かな自然の街をめぐる

駅ハイ 歴史と新しさを感じ、豊かな自然の街をめぐる

JR中野駅北口をスタートして南口に戻ってくる。
タイトル画像は野方配水塔があるみずのとう公園内の密談したくなるような雰囲気あるスペース。
見どころの哲学堂公園は色々見てきたので別記事にすることにした。

犬の像


中野区役所前の犬の像。徳川綱吉の時代に犬屋敷があったことにちなんで寄贈された。

キリン本社 ココニワ


キリングループ本社受付フロアに設けられたコーポレートコミュニケーションスペース。土日祝日は休み。キリンほどの歴史ある大企業が貸しビルに本社入ってるのかと思ったら、かつては自社ビルに本社構えてたんですね。
続きを読む 駅ハイ 歴史と新しさを感じ、豊かな自然の街をめぐる

駅ハイ 文京区内の「江戸」のパワースポットめぐり

駅ハイ 文京区内の「江戸」のパワースポットめぐり

ウォーキングをしているとだいたいお寺や神社が見つかるものだ。それでも今回は特に”江戸のパワースポット”を前面に打ち出した、ということになっている。ところどころ雪が残る文京区を歩いた。

東京都水道歴史館


御茶ノ水駅から歩いて約10分、おなじみ東京都水道歴史館がスタート地点。この建物がスタートだと水道水のペットボトルを渡してくれることがあって、今回もくれた。貴重な水分補給源となる。

東大正門


赤門ばかりが有名だが、正門はこっちだ。
続きを読む 駅ハイ 文京区内の「江戸」のパワースポットめぐり

駅ハイ 武蔵野吉祥七福神めぐり

駅ハイ 武蔵野吉祥七福神めぐり

毎年、年初に吉祥寺駅スタートの七福神が掲載されるので行ってみることにした。
武蔵野商工会議所主催が武蔵野吉祥七福神めぐりを開催しており、2018年は第12回になる。駅ハイ受付で商工会議所のマップと駅ハイのマップをくれるが、ウォーキングルートは同じである。駅ハイマップの見どころポイントも七福神だけだが、12kmの長距離コースだ。

吉祥寺駅スタート


駅前(写真の向かって右側)に商工会議所の特設テントがあり、色紙セットを売っている。2000円で色紙と各御朱印代のほかに、七福神めぐりの特別バス1日券(200円)と携帯クリーナー(300円)、名物正月うどん(300円)、コロコロビンゴ(価格不明)がついてくる。
色紙だけ欲しかったがセット販売だけだということだった。色紙はあきらめてお賽銭にまわすことにした。

井の頭弁財天


御朱印のテントが設置されており、例の色紙セットも売っていた。
池の周りを散策したいところだが今日は先が長いので進む。マップでは次の恵比寿様まで徒歩約50分だ。
続きを読む 駅ハイ 武蔵野吉祥七福神めぐり

駅ハイ まいせんを知る~歴史上の偉人が大田区に残した足跡をたどる~

駅ハイ まいせんを知る~歴史上の偉人が大田区に残した足跡をたどる~


蒲田駅スタート。駅前は地べたに座った酔っ払いやマナーを気にしない喫煙者など、これが噂にたがわぬ蒲田。
まいせんは馬込、池上、洗足池の頭文字をとった呼称だそうだ。

蒲田駅前モヤイ像


衆院選のハチマキをするモヤイ像の図。渋谷や浜松町で見たモヤイ像と同じく新島産である。蒲田東口商店街との友好の絆として設置された。設置の理由が後付け的で友好が結ばれるに至ったきっかけは今一つはっきりしない。
続きを読む 駅ハイ まいせんを知る~歴史上の偉人が大田区に残した足跡をたどる~

これだけ歩いているともう徒然っぽくないけど気にせず歩こう。徒然なるままに。